(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:15件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0258 AGモルタルライニング工法 接着耐久性に優れる湿潤面用エポキシ樹脂プライマーとポリマーセメントを使用して、既設水路躯体の通水表面における平滑性(粗度係数の改善)・水密性などを回復・向上させて、水路としての機能回復を図る工法。 ショーボンド建設(株) 57 10 2005 2015/04
0303 既設目地耐震補強用ゴム伸縮可撓継手 水利・水処理施設の既設コンクリート構造物伸縮目地部の耐震補強対策として、水路や暗渠の内面からゴム製伸縮部材を押え板と樹脂系アンカーを用いて据え付けし、今後の変位吸収と止水を目的とした耐震補強工法で、止水性、施工性に優れている。 西武ポリマ化成(株) 4 80 1999 2012/09
0364 HiSP工法 高圧ポンプ高強度吹付工法。 日特建設(株) 1 50 1998 2015/01
0398 超多点注入工法(構造物直下の地盤改良工法) 構造物直下地盤の液状化対策など、地盤改良を必要とする場合に用いる薬液注入工法。従来工法と比較して、低速・低圧で注入を行うため、周辺への影響が小さく、構造物直下の施工が可能。1ポンプ当り吐出量は低速ながら、多点同時注入による急速施工が可能。 日本基礎技術(株) 3 133 1997 2015/03
0404 Stoポリマーセメントモルタル乾式吹付工法 ポリマーセメントモルタルの乾式吹付による、コンクリート構造物の断面補修・補強工法。  長距離搬送・広範囲施工が可能であり、また、高密度・高品質断面の形成により構造物の長寿命化が図れる工法である。 StoCretec Japan(株) 0 331 2002 2015/04
1017 バルチップ(コンクリート用ポリオレフィン系補強繊維) コンクリートの曲げタフネスの向上および剥離・剥落防止のための混和剤として開発されたコンクリート補強繊維。 大成建設(株) 0 3 1997 2015/01
1023 SR橋梁防水工法 SRシートによる橋梁のコンクリート床版の防水工法 静岡瀝青工業(株) 3 4 1999 2012/11
1053 クリスタルライニング工法 クリスタルライニング工法は、止水(接着補強型止水工)、あるいは防食(防食ライニング工)を行う人力施工による工法であり、両者とも水中硬化養生可能な樹脂であるクリスタルライニング材を使用する工法である。 クリスタルライニング工法協会 60 2800 1998 2016/04
1070 セラミックキャップバー(CCb) セラミックキャップバー(CCb)は、耐食性に優れるセラミック定着体をコンクリート表面付近に配置できるせん断補強鉄筋であり、定着部の耐久性を確保するとともに優れたせん断補強効率を実現することができる。 鹿島建設(株) 0 15 2007 2013/09
1072 ストパネ工法 腐食が進行した鋼矢板水路を、軽量プレキャストパネルと充填コンクリートの複合材により補修することで水路の長寿命化を図る技術。 ストパネ工法研究会 2 0 2011 2014/01
1079 クリークシーラー AS-920工法 農業用水路等水利構造物全般の目地補修材料として1液ウレタン樹脂コーキング剤として、作業性が良く、伸縮方向の目地の動きに追従します。構造物の水密性を確保する事が出来る。 サンユレック(株) 4 0 2012 2016/02
1131 伸縮可とう継手工法 ボックスカルバート等の継手に耐震補強を施しつつ、止水性能を持たせることができる工法です。 菱和コンクリート(株) 4 0 2006 2015/02
1134 ニュークリート ニュークリートは、コンクリート・モルタルに少量添加するだけでひび割れ抑制および剥離・剥落防止等の効果があるイスラエル製ナイロン繊維。コンクリート構造物の耐久性が向上する。 (株)エイオービーアンドダヴィンチインターナショナル 20 1980 1992 2015/02
1135 永久型枠工法 施設の長寿命化対策などにおける擁壁工等のコンクリート構造物の劣化欠損部分を高強度・高耐久性モルタル二次製品(パネル、ボルト・ナット)と専用の取付治具(形状自在褄枠)を使って補修する工法。 (株)南組 0 1 2013 2015/02
1147 FRCフリューム(繊維補強コンクリート水路) 短繊維補強のプレキャストコンクリート製品であり、無筋化を実現した。これにより、鉄筋腐食による構造物の劣化が解消され、高い耐久性を示すとともに、部材の薄肉化・製品の軽量化を図り、軟弱地盤等の幅広い現場条件に対応可能となった。 昭和コンクリート工業(株) 1 0 2015 2015/07