(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC) > 農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) > 分野別検索

農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD)

トップページに戻る

分野別検索

検索結果

検索結果:14件

登録番号技術名称技術の概要登録会社名採用実績開発年更新年月
農業農村整備事業その他事業
0219 ポリマーセメント系断面修復材 ライオンGRLC ポリマーセメント系断面修復材。 住友大阪セメント(株) 0 200 1990 2004/12
0226 アドバンテージ工法 高機能な材料である「アドバンテージ赤」を使用し、厚さわずか2mmの薄塗りを実現した。薄塗りでありながら圧縮・付着強度も高く、伸縮能力も有するので、コンクリート構造物の耐久性を向上させる。尚下地材としては薄塗~厚塗できるアドバンテージ青がある。 (株)アドテック 55 120 2001 2015/09
0246 FE工法(非破壊補修工法) 本工法は、老朽化した用排水路の長寿命化(有効利用)・機能回復等を目的とし、FE-GRC(ガラス繊維ポリマ-セメントモルタル)材にて劣化した水路表面を被覆する非破壊補修工法技術である。 フロンテエンジニア(株) 594 21 2005 2018/02
0258 AGモルタルライニング工法 接着耐久性に優れる湿潤面用エポキシ樹脂プライマーとポリマーセメントを使用して、既設水路躯体の通水表面における平滑性(粗度係数の改善)・水密性などを回復・向上させて、水路としての機能回復を図る工法。 ショーボンド建設(株) 57 10 2005 2018/06
0409 Sto モルタルライニングシステム ポリマーセメントモルタルを用いた水路再生システム StoCretec Japan(株) 10 8 2002 2017/10
0417 アタック水中モルタル  「アタック水中モルタル」は、淡水・海水中へ直接モルタル施工しても、材料分離が少なく、優れた硬化性能を得ることを可能にしたモルタルです。 テクノスジャパン(株) 1 64 2000 2018/05
1001 高炉スラグ・繊維入りポリマーセメントモルタル「エフモル」 耐塩害性、耐凍害性、化学抵抗性、耐摩耗性に優れた高炉スラグ・繊維入りポリマーセメントモルタル。 (株)エフモル工業 12 110 2011 2017/04
1020 NSアグリコート工法 特殊ポリマーセメントモルタルと耐アルカリガラス繊維ネットとを併用した、耐摩耗、ひび割れ防止など耐久性に優れたコンクリート水路表面被覆工法。 日本化成(株) 91 1 2005 2018/07
1022 CSモルタル工法(水路補修改修工法) 表面含浸工法(CSクリアー)と無機系被覆工法(CSモルタル)の複合工法(表面改質複合工法)による補修で、新設時の美観と耐久性にまで機能を回復し、既設水路を長寿命化(延命化)させ、ライフサイクルコストを低減する。 水路補修改修工法研究会 197 30 2007 2017/12
1071 UBEアクアフィールド工法 高浸透性プライマーによる劣化下地の強化、薄塗り可能な耐摩耗性ポリマーセメントモルタルによる耐摩耗性向上、補強メッシュによる耐ひび割れ性向上により、水路の機能回復および長寿命化を図る工法。 宇部興産建材(株) 6 5 2013 2018/04
1080 サンユモルタル工法 農業用水路等水利構造物全般の、無機系表面被覆工法及び、断面修復工法。ポリマーセメントモルタルを左官仕上げ及び、吹き付けによって、コンクリート構造物の延命化を計る工法。 サンユレック(株) 9 27 2002 2018/06
1085 クリスタルCP工法(水路補修工法) 「クリスタルCP工法」は摩耗による通水性能低下やひび割れからの漏水など、老朽化した農業用水路などのコンクリート構造物表面に平滑性、水密性等を付与し、機能回復・向上を図る補修工法です。 (株)日興 32 1 2006 2014/01
1111 エバープロロング工法(けい酸塩系表面含浸工法+断面修復工法) コンクリート構造物内部に浸透拡散し水酸化カルシウムとの水和反応で、内部組織を緻密化し、細孔内部に珪酸カルシウムゲル保護層を形成し、コンクリートの劣化を抑制します。損傷部においては、程度に応じて高耐久性の表面被覆材で断面を修復する工法です。 日本プロロング(株) 10 509 1998 2018/02
1263 クリスタルNCP工法(表面含浸材を併用した無機系被覆工法) クリスタルNCP工法は抜群の劣化因子浸入抑止性能を持つハイブリッド型表面含浸材(けい酸塩系+シラン系)及び緻密な組織構造を持ち、各種物性に優れ長期安定性を発揮するポリマーセメントモルタルを併用したコンクリート構造物の無機系被覆・防食工法です。 (株)日興 9 4 2016 2018/07